English website

昭和17年、奈良県生まれ。日本哲学会会員。名城大学講師。東海ホリスティック医学振興会顧問。
感性論哲学の創始者として、「思風庵哲学研究所」を設立。全国各地で「思風塾」を開催している。
>>詳細はプロフィールをご覧ください。

ビデオ『芳村思風 感性論哲学の世界』

感性論哲学の根本原理

 


2013年第4回
テーマ:『感性論哲学の根本原理』

1.激動激変の時代。
2.時代が変われば哲学も変わる。
3.感性は人間の本質であり、生命の本質である。
4.感性は宇宙の究極的実在である。
5.感性の本質は求感性であり、三作用という働きを持っている。
6.理性は合理的にしか考えることが出来ない有限で不完全な能力である。
7.理性を超える愛の力とは矛盾を生きる力である。
8.愛を能力として成長させる必要がある。